November 07, 2010

自転車と表参道と相続税と

非常に天候に恵まれたので、佃くんだりから表参道の
美容室まで自転車で行ってきました。

表参道に着き、所持金が少ないことに気づき、
地下鉄の表参道駅のほぼ真上にある東京三菱
UFJの支店によりました。
銀行のドアの脇に自転車を立てかけたところ、
いかにもそこに住んでいる風情の太り気味の
おっさんがくわえたばこでやってきて、ガラスなので
立てかけるな、と言ってきました。
割ったりした場合はこちらの責任なのは明白なので、
そのような事を言われる筋合いもないのですが、
そうですかと、受け入れることにしました。

その後、続いて「外におけ」と言われたので、頭の回転が
悪そうに、
「ん?ここ外ですよ?」と返しました。
すると、不愉快そうに(元々不愉快そうだったが)、
「敷地の外だよ」と言われました。どうやら地主か
その1人のようです。
相手の主張根拠である身分を問いただそうかとも思いましたが、
言論ゲームを楽しむ風体にも見えなかったので、
ちょっと気が引けて止めておきました。

さて、
懐を補強して美容院に向かいました。
美容院はヘアディメンションから独立した方の経営する
Brilliantという店です。

こちらの隅っこに自転車を置こうとしたところ、
これまた大家というか地主らしき初老の夫婦がたまたま
現れて、どこに用事だ?と聞きます。
「お宅のテナントだ!」と思ったのですが、言葉としては
「この美容室ですよ」と丁寧に対応しました。
すると、車の出し入れに邪魔だからどこかよそに
止めろと言ってきました。
隣地との境界線上の公道に電柱があり、その電柱の手前
に立てかけているので、誰がどう見ても邪魔にはなりません。
「これが邪魔になりますか?」
「敷地から出してください」
というやりとりになったので、欧米人のようなジェスチャーを
して立ち去りました。ごまめの歯ぎしりとして、
小馬鹿にした風が伝わればよいのですが。

近年、相続税の税率引き上げが議論されています。
私は税率引き上げには反対です。
相続税という正統性もよくわからない税金により、親の住んでいた
家から追い出されるような事態は、まっとうな世の中とは
思えませんし、なによりも文化というものはそれなりの
裕福な人間によって庇護・育成され、伝えられていくものだと
思うからです。

しかるに、この手の狭小な利権意識をもった地主が
都心にごろごろしているかと思うと、心情的にはお上に
それらの権益を取り上げてもらいたくもなりますね。
自分の貸しているテナントの客なのだから、
「自転車を往来に止めたら、歩行者の邪魔になるので
 敷地内に止めろ」
くらい言ってもらいたいものです。

美容室には、いずれ土地も自前でもって、駐輪場も整備して
くれるよう、お願いして帰路につきました。

おわり

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 11, 2010

内幸町のホテルでのこと

内幸町にあるホテルに、腹痛をもよおしたので立ち寄りました。
すると、トイレの手ふきマシーン?にこのような掲示が。
Image037


手を拭きにわざわざ他の階まで行く人ってあまりいないと思います
けどね。
丁寧だけどサービスになってないですな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 26, 2007

小春日和

暖かい日

バッタがいた。

Pb040027


| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 18, 2005

小京都認定委員会 相模の小京都 ~湯河原~

20051127

 師匠漫遊記
 東海道線で下り方面、小田原から熱海の間の車窓が好きなんです。険峻な山が
海岸線に迫っているため、トンネルが多くなるのですが、トンネルを抜けるとトンネル
の周りにはびこる葛を手初めとして濃い緑が目に入り、眼下に迫る崖、その先には
岩に砕ける波頭、さらには東京から1時間強とは思えない碧さの海が拡がるのです。
お昼時ならば高くのぼった太陽の光を反射して、海には自分に向かったきらきらと
した光の柱が網膜を刺激し、その果てにほのかに丸みを帯びた水平線が拡がります。
所によっては岬のような地形が右手に伸びていたり、ミカンのオレンジのアクセント
が効いていたり、ノリの養殖なのか、海岸近くの水面に規則正しく並んだ棒が見え
たりします。走行しているとまたトンネルに入り、トンネルを抜けても雑木に景色を遮
られ、またトンネルとなり、そのトンネルを抜けるとようやくすばらしい景色が。そのよう
なもったいぶった展開がまたたまりません。

 そんな時、わたしはなるべく進行方向に向いたボックス席の窓側に陣取ります。
運悪く対面シート形式の車輌に乗ってしまったときには進行方向左側の席に座り、
5歳児よろしく靴の裏をさらして、窓に向かって正座をし、景色と正対します。

 景色は、晴れていればすばらしいですが、雨の日もそれなりの情緒があります。さら
には、海岸沿いをくねくねと伴走するR135が混んでいて車が数珠繋ぎになっていたり
すると、車窓から眺めることの喜びは倍加します。
 そんな興奮を憶えながら湯河原に着きます。湯河原へは是非、緑とオレンジの各駅
東海道線にて訪れたいものです。

 さて、そんな湯河原ですが、相模の小京都と呼ばれているとは、改札口に書いてある
変な灯籠まがいの「おいでやす看板」を読むまで知りませんでした。まさに不覚。しかし、
このことにより、今回の小旅行がただの湯浴みではなく、記事を書くため最大限の注意
力と感受性の発揮を求められる、言わば居合いのような緊張感をともなったものとなった
のです。
 当日湯河原に着いたのは電車で寝過ごしたせいもあり、すでに夕暮れ時でした。その
ため、街の全容もわからぬまま、バスに乗り奥湯河原の宿へと向かいました。宿は
17,000円とほどほどの金額なのですが、湯河原としては安め。案の定食事と部屋が
いまいち。温泉はよかったです。酔っぱらいのおっさんがいないとなおよしなのですが。

 翌日は、宿から歩いて駅に向かうことにしました。ついでというわけではないですが、
近くのハイキングコースを回って約10kmの行程です。紅葉はまだ小さく、10年後に期待。
ということでハイキングコースの紹介を終了。山からおりて万葉公園にむかいます。
万葉公園は明治の文人を中心にいろいろな石碑が立ち、ネーミングをほどこされていますが、
まぁ1度行けば十分。行楽にどん欲なじじばばに恐れをなして早々に退散。ちなみに
万葉公園の「万葉」は万葉集に唯一出ている温泉地が湯河原ということで万葉公園なの
ですが、これだと小奈良になるべきかなぁ、と。あ!京都がらみが一つ。「独歩の湯」という
国木田独歩にちなんだ足湯スペースがあるのですが、ここは京都の都選びに使われている
風水の考えに基づいて設計されたそうで、四方に玄武とか青龍とかの門を設けていました。
ん~、これで平安京とのつながりを言われても困るんだけど・・・ほとんど「パラダイス」の世界。
風水を言うなら江戸の町作りもそうだってーの。

 途中土産物屋に寄り、かるかん饅頭なるものを食いますが、なんてことない普通の
饅頭です。町並みもただの温泉街で、公家がらみの施設も伝承もありません。頼朝の挙兵に
参加した土肥一族の墓があるそうですが、これは武士ですな。ん?平安時代に幕を引いた
頼朝がらみと言うことで小京都?なんのこっちゃ。

 たしかに古い温泉街という点では、古さはあります。射的場なんかもあるし。でも、京都と
温泉ってあんまし関係ないし、歴史的にも京都とはさほど関係なし。山と海に囲まれて狭い
土地に肩寄せ合って形成されている土地で条里制ももちろんひかれていません。道を下って
いくとほどなく駅へ着いてしまいました。念のため駅の周りや観光案内もチェックしましたが、
何もなし。
 こりゃ、困った。京都にふさわしいと言えば、じじばば訪問率くらいじゃろうか、好意的に
探しても小京都と言える要素なし。としてどう解釈しても小京都しっかーく。今後は小京都を
かたることなく、由緒ある温泉街として独立「独歩」していただきたいと思う次第。

湯河原 小京都度 ★

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 02, 2005

十返舎一九の墓

 あまりのいい天気に、家に引きこもるのも惜しく、勝どきの
新築マンションを見に行く。広告をばんばん打っているTokyo Towers
というマンションである。もちろんひやかし半分である。
 モデルルームは非常に贅を尽くしたもので、人件費も結構かかっている。
この費用が全てマンション価格に跳ね返っているのかと思うと恐ろしい。
余分な設備もいろいろあり、私の感覚としては、シアターやプールはいらん
から安くしてけろ、と。
 このマンション、とはいうものの非常に人気があるようで、かなり売れて
しまっている。世間には金を持っている人はいるものだ。

 さて、話は変わってそのマンションを見に行く途中で、十返舎一九の墓を
たまたま発見。おぉ、やはり東海道のスタート地点近くにいらっしゃいまし
たか!と感動。

ikku


| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 10, 2005

小京都認定委員会 遠州の小京都 ~森~

師匠;では晴れて第一回、小京都認定委員会の開催じゃ。
弟子;さてと、第一回は「遠州の小京都、森」ですね。いきなりマイナー
   ですね。出身の近くなのでなじみがありますが。
師匠;これ、マイナーと言うでない。
   ここは森の石松の出身地として有名じゃ。
弟子;はぁ、有名人ですか?彼?
   ところで、どのへんが小京都ですかね?ぐるっと見渡しても
   さほど京都らしさは・・・
師匠;まずはこの川、鴨川のようじゃろ。それから、ほれ、神社が多い。
弟子;たしかに。でも川はただの川だしねぇ。そうだ!お茶ってのはどうですかね?
師匠;うむ、なかなかいいポイントじゃ。わしのじじ様もお茶なら森のお茶
   と言っておった。
弟子;師匠にもじい様があり、その人から見ると、師匠が孫・・・
   人間ってなんか不思議。
   焼き物の窯元が4つほどありますね。この狭い町中に4つというのは
   かなり健闘。
師匠;たしかに。どれ、町並みは?適当に写真をとらんかい。
弟子;どうとってもただのイナカの町並みです~。
師匠;たしかに。一番雰囲気あるのは、この森駅の駅舎じゃな。しかし、京都っぽい
   かと言うと・・・
弟子;だらだら徘徊していて、我々の会話もだらだらですが、師匠!せっかくの第一回
   でもありますし、ここはどどんと!
師匠;よし!ここの小京都度星1つ~。
弟子;小京都度?
師匠;そうなの、京都度じゃなくて小京都度なとこがポイント。

遠州の小京都 森  小京都度 ★

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 27, 2005

小京都認定委員会 発足

弟子;「小京都認定委員会・・・」
    師匠、これはひょっとして新連載のネタですか?
師匠;うむそうじゃ。先日の旅行でふとひらめいた。

弟子;ひらめいた!と?
師匠;そうじゃ、なんでどこの街にも大手町があるのかのう?と。
弟子;えーと、それは、その街が城下町で、近くに大手門があったからでは?
師匠;な、なに!そうか、いや、うるさいわ。話は続くのじゃ。それをきっかけにして、
   「そういや、どこいっても小京都と自称している町が、あぁるわいなぁ~、」と。
   どうじゃ、大手町から小京都に思いをはせてしまうあたりが、いわゆる
   クリエイティブジャンプなのじゃ。

弟子;ふ~ん。んで?
師匠;興味がむくむくと湧いてきておるな、どこぞのかけ流し温泉のように。
   そこでじゃ、この巷にあふれる「小京都」を、感性豊かな我が輩の透徹した
   視線をもって、その名に値するかどうか見定めてやろうと・・・
弟子;んあこと言ったって、住んだことないじゃないですか、京都。
師匠;わぬし、育ちは京の近くではないか、それにわしはかれこれ両手に余る
   くらい京には行っておる。うーん、思い出す若かりし頃の青い思い出。
弟子;感傷に浸ってるとこわるいんすが、ちこっとしらべてみますると、
   「全国京都会議」というのがあって、全国的に組織されてますよ、小京都。
   気合い入ったHPでは54箇所くらい紹介されてますよ。
   HP作る技量がなくてブログにしているうちらとはえらい違いっすね。えーと、
   どれどれ、よくできてるわーこのサイト。
   これをみるにつけ、手遅れじゃないっすか?この企画。
師匠;な、にー。どれ、おれのパソコンよこせ、うぬ、ほんまや。すげぇ・・・

弟子;おい、おっさん、読みふけってるんじゃねー。この前も掃除し始めたら片づける
   マンガ読み出すし。で、どうすんじゃーこの立ち上がる前にコケたこの企画は!
師匠;うーむ、ここでへこたれてはいかん。京の名物と言えばお茶、
   お茶と言えば二番煎じ、ということでめげずにやるぞよ。
弟子;出がらしでもやる、と。
   して、師匠。
   栄えある第一回目は?
師匠;それは次回じゃ。ちとブログにはあるまじき長文になってしもーた。
弟子;おいおい。本当に始まるのかよ。

次回に続く(予定)

| | Comments (0) | TrackBack (0)