January 31, 2011

サッカー 日本 vs. オーストラリア

試合は李のスーパーゴールで日本が勝ち、4度目のアジアチャンピオン
になったのだが、全体を通じてはオーストラリアのパワーに押された
試合であった。
ケーヒルとキューウェルの2トップはボールの収まりがよく、連携がよく、
単純なロングボールによる放り込み戦術なのだが、かなり効果的な攻撃
だった。決勝戦はプラティニとかブラッター会長なども観戦していたのに
いわゆるモダンなサッカーの試合ではなかった。やはり、内容面からは
日本対韓国が事実上の決勝戦であったといえる。
しかし、アジアカップ、拮抗した実力で、パワー重視のオーストラリアや
フィジカルも強いながらモダンなサッカーを展開する韓国など、いい
相手が揃ったものだ。
オーストラリアにはオセアニアから出てAFCに加盟してもらって、本当に
ありがたい。

最後であるが、オーストラリアの15番、プレーといい、態度といい
非常に感じが悪い。

川島 7.5 2点は防いでいた。DFとの連携不足は致し方なしと思う。
内田 6 前半は特に良かった。後半は凡庸な出来。ただ、思ったよりは
      守備で貢献できていた。
吉田 6 う~ん。
今野 5.5 何とか凌いだというところ。
長友 7 運動量○ナイスアシスト。そして守備でもなんどかしっかりと
      うちに絞って良い対応を見せた。
岩政 6.5 速い相手には距離を取りすぎてちんちんになったりするが、
      今日のような大柄相手には十分機能した。
遠藤 6.5 韓国戦より取られるパスが減ったと思う。
長谷部 6 もう少し前進力がほしかった。
藤本 5 走り回ってはいたが、香川の不在を感じさせる結果に。
岡崎 6 ヘディングを決めていれば文句なし。最後のハンドは
      許す。オリンピック予選の伊野波のようだ。
本田 6.5 安定していたし、ボールが納まった。
前田 5.5 森本の代役という位置づけはそのままだろう。
李  7 前回の出場時の出来からはもうないかと思われたが、
     見事な活躍。あれをトラップしないでダイレクトに打つとは・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 29, 2011

サッカー 日本 vs. 韓国

2011アジアカップ準決勝。
毎度もつれる日本vs.韓国だが、この試合もマンガにしたら嘘くさくなるような
びっくり展開の試合となった。

出場停止明けの内田が左サイドに復帰し、CBは岩政と今野の2枚。私の
予想した伊野波はベンチとなった。岩政は高さ対策ということだろうか?
一部で交代が予想された川島は相変わらず先発。まぁミスしたからと
いってそう代えられるものでもない。妥当なところだろう。

試合は、比較的日本ペースで進む。韓国が思ったほど前がかりではなく、
中盤で日本のパスがよく通る。
しかし、サッカーにはありがちなことで、先制点は韓国、パク・チソンに対する
今野のファールでPKである。判定はたしかに微妙なところであるが、一番
つっこみたいのが、このときの今野の対応。レフェリーにむかって口の動き
から判断するに「肩、肩!」と叫んでいる。せめて英語でアピールして
くれ。

かくして、1点ビハインドという最近は見慣れた状況になったわけだが、
これまた頼もしいことに前半中に同点に追いつく。

本田のドリブル、そして長友へのスルーパス。そこまで持つか、というくらい
切れ込んで前田にパス。前田のワンタッチシュート。流れるような攻撃とは
このこと。

かくして、前半押しながらも同点で折り返し。テレビの前で見ていると、
これなら逆転は時間の問題と思われた。
ところがけっこう不思議なもので、後半、韓国はサイドをきっちりつぶし、
選手交代をしてバランスを修正すると、ポゼッションも運動量も日本を
凌駕し始める。体力的には日本が有利と言われていたが、そんな感じは
受けない。

延長戦に入るが、韓国の方が押し気味で、岡崎のゴッツアンPKで逆転
するも、日本が逃げ切りを図って5バックにすると、ほぼ一方的に攻め込
まれて結局、終了間際に同点にされてしまう。まぁ、わかってはいて
どうしようもないのだろうが、あそこまで押し込まれれば、いずれ入るわな、
と。
試合後本田が、いまのDFにはオーラがない的な発言をしていたらしいが、
たしかにここ10年はDFにチームリーダーのような鼓舞するタイプがいて、
「アジアの壁」のように言われてきた。現在はメンバーが固定せず、
そういう意味では、代表で物言えるDFがあまりいないのだろう。今野が
このまま定着したとしても、そういうキャラでもなさそうだし。

延長戦後のPK戦は、これまたドキドキしたものの、韓国がぼかすか
はずして楽な展開に。川島のセーブも見事(1本目は動きだしが早すぎて、
やり直しと言われるかと思った)で、めでたく決勝戦進出となった。

勝つには勝ったが、反省点も多い試合だろう。相手の実力が高いので、
もちろんきれいな試合はなかなかできない。それでも、いろいろ条件の
悪い相手に対して、走り負けしていたところはいただけない。
走ってナンボのサッカーを指向していたのではなかったか?

次戦で、「アジアチャンピオン」の称号を得ることを期待しています。

川島 7 PK戦で止めたときくらい、評価しないと。
内田 5.5 長谷部とあわせパクに手を焼く。後半は動きも鈍くなった。
岩政 6 思ったほど悪くなかった。フフィードは期待できないが、
      スピードで振り切られる以外はまっとうな出来。
今野 5.5 PKとられちゃねぇ。他はよし。
長友 7.5 スタミナ、1点目の動き、シャ・ドゥリ対応、見事。PK以外は。
伊野波 -
長谷部 7 お疲れさま
遠藤 7.5 試合中のPKはあだが蹴れ
本田 7 さすがに後半はばてたが、キープ力で貢献
細貝 6.5 ナイス詰め。
岡崎 7 DFWですな。
香川 6 後半動きが鈍った。それにしても骨折とは。早く治れ。
本田拓 5 ファール取られるし、よく動いてはいたが・・・。
前田 6 1点取って、2点取り損なった。Jでの動きをふまえれば、
      満足できる出来ではない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 22, 2011

サッカー 日本 vs. カタール

カタールの帰化選手って、セバスチャンにしてもセザールでしたっけ?に
してもいい選手ですね~。本土選手の10番がすねるのもわかる気がしました。

試合は、後半にCB吉田の退場とその後のセットプレーによる失点で、
それまでは後半の後半になったらいよいよカタールの足が止まってくる
だろうという楽観が吹き飛ばされる展開。

30分過ぎからは中盤と前線の間が間延びしてしまい、これは延長に
持って行かれたら誰か代えても厳しいな、と思っていた終了間際に
伊野波の驚きゴッツァンゴールで日本が10人でも逆転。
開催国には申し訳ないが、すばらしく堪能できる試合でした。
日本代表戦はやはりアジアカップくらいが、わくわくしながら
試合の中身も楽しめていいですね。

次戦は内田が戻ってくるけど、スタメンはどうなるか?
伊野波のSBをみていると、やはり本職はCB。そして岩政との
比較を考えると、内田-伊野波-今野-長友の構成か。
それにしてもSBとFWの控えが・・・。

川島 4.5 お遊びGKの自分は2失点目のセットプレー時に
       「あんなに奥に構えるのか」と勉強した気でいたの
       ですがニアをぶち抜かれるなんて、代表レベルに
       してはお粗末。
今野 6 あまり気づかなかった。
長友 6 調子上げつつあるのではないか。攻守に相手を
      凌いでいた。
吉田 4.5 2枚目は足を踏まれているのに多少かわいそうかと
      も思われる。にしても、定着に黄色信号か?
伊野波 6.5 サウジ戦では目立たなかった不慣れが顔を
      のぞかせた。決勝点以外は及第点と言えるか??
岩政 5 なんか、遠慮というか、萎縮しているように画面からは
      見えるのですが?
遠藤 6 ドリブルが大きすぎ。しかして守備は見事。
長谷部 6.5 縦への前進力がすごい。取られがちだけど。
     さぼらない姿勢もよい。
岡崎 6 ちょろちょろとDFにはやな選手ですなー。
香川 7 パスミスなども見られるが、ここまで得点に絡めば
     文句はない。
本田 6 後半になっても動けているし、わたしはけっこう、守備
     も効果的と思った。
前田 5 W杯の時はなぜ呼ばない!といきんでしまったが、
     遅まきながら岡田監督に謝る必要があるかも。
     なぜ左サイドに流れるのか?
     追いかけ守備ばっかなのか?
     懲りもせず、平山に期待する自分がいる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 19, 2011

サッカー 日本 v.s サウジ

一度落ちたモチベーションは以下に上げるのが難しいかを感じた。
サウジはFWやGKなど個人レベルでは頑張っている印象を画面からは
もったが、いかんせんがんばり切れていないようだ。
2戦続けて負けてその後、予選通過から1勝に目標を切り替えて戦う
ことがなんとむずかしいことか。

かつて、日本代表のフランスワールドカップの3戦目を観る思いだ。
この試合は、中山による日本のW杯初ゴールの出た試合として今でも
ゴールシーンが放映されることの多い試合だが、試合自体は今ひとつ
ファイトできない日本代表を延々と90分見させられた、とてもフラストレ
ーションの溜まるものであった。
このような場合、試合に出ることを目標とできるようなメンバーに衣替え
したほうがまだしもいい試合ができるということなのではないか?

本戦は、そんなサウジアラビア相手に、しかも序盤にぼかすか点が
入ってしまったために、中身が途中からはぐずぐずになってしまった。
後半は監督の適切な交替により、安心感ある試合運びとなったが、
それでも全体のゲームパフォーマンスは、サウジにつきあってこちらも
ぐずぐずであったように感じる。

前田は近くを動き回る岡崎を得て、本来の動きを多少とりもどしたよう
に思われる。1トップとして孤立して踏ん張れるタイプのFWということで
はないということだろう。

SBは伊野波がこなせるといっても、こんなに層が薄くていいのだろうか?
今日は及第点であったが、次戦が心配である。

西川 6.5 ぽかをするGKという印象を持っていたが、安定していた。
        FKをとめた所など、反応もすばらしい。
内田 5   なんだ、あのファールは?
伊野波 6  ナイスアシスト。
        守備では、岡崎との役割分担が不明確。
吉田 6   0点これ名馬
岩政 5.5 もっと勝負して良い。引きすぎ。
今野 6   対人プレーに強み。
長友 6.5 攻撃が向上。
長谷部 6 へたくそな横パスが何本かあった。相手によっては致命傷。
遠藤 6.5 よくグランドからあんなところが見えるな、と思います、
        アシストのシーンとか。
本田 -
柏木 6  アピールできたと言うほどではないかな。
香川 6  もっとできるはず。
前田 6.5 2点は多少割り引いてカウントする必要あり。
岡崎 7.5 シャドウストライカーとして見事な動きと結果。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

January 16, 2011

サッカー アジアカップ 日本 v.s シリア

シリアっていいチームでしたね。
日本の状態も1戦目に比べると格段に良くなっていたように思いました。

川島 6 実質0点に抑えていた。
西川 6 キャッチングがよいイメージはなかったのだか、よかった
内田 6.5 サイドを制圧。1点目の縦パスは視野の広さを感じる。
吉田 5.5 落ち着いていたように思われ。ただ、終盤の落ち着きの無さは
        バック全体の問題とはいえ・・・。
今野 5.5 バックパスとか言われていたが。
長友 6 守備が向上。
長谷部 6 あのバックパスはない。得点と相殺。
遠藤 6 長谷部の攻守のバランス役で控えめ。
松井 6 意外に守備しますね。アシストも含め、改善。
本田 6.5 PKよう入れた。
香川 6 あそこで決めろ。
前田 5 代役がいればそろそろ先発落ちだろう。
岡崎 5.5 前回のようなチェンジャーにはなりえず。

日本サッカー協会 3 抗議文提出、時間切れなんて
        組織としての体をなしていない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 10, 2011

サッカー アジアカップ 日本v.sヨルダン

Additional Time に吉田のヘディングで追いついた日本ですが、
ヒヤヒヤの船出でした。
問題点は、組織的な守備に対して、前田1トップの3人の攻撃的MF
という布陣がおもったほど機能しなかったことでしょうか?

日本の特徴は、アジアの強者である一方、W杯レベルでは弱者になる
点です。
前田とか、李とか岡崎というFW陣は、自陣ベタ引きの相手に対して
打開力のあるFWではないということだとすると、この先も苦しくなる
でしょう。なんなんでしょうね。中村俊輔とか、強いチームで輝く選手と
弱いチームで一発ができる選手とかがいるのでしょうか。

それにしても前線の機能し無さはなかなかのもので、この点はヨルダンを
褒めるべきかもしれません。W杯の我々のような興奮をサポーターに
もたらしたことでしょう。
解説でも言っていたとおり、どうもMF3枚がうまいこと連携取れていません
でした。1枚減らしてボックスにしたとたんに、香川などが活きました。
私としては、前田を下げるより、松井を下げて前を2枚にするほうが
良いかと思っていたのですが・・・。

ヨルダンは、前回の対戦時はPKでかろうじて勝った相手。それを考えると
力関係では前回と比べて明らかに優位になっていましたが、点数差に
それはあまり反映されませんでした。

おそらく、今の日本にとっては、サウジとかの方がやりやすいでしょう。
ということで、予選突破については、比較的楽観的です。

川島 6 無難にさばいていた。コーチングとかはようわからん。
      ゴールに向かってくるフリーキックとか、落ち着いていました。
内田 6 サイドは勝っていたがセンタリングはいまいち
吉田 6 ありゃ、オウンゴールだ。得点と相殺。
今野 6 対人強いが展開の良さはあまりなし。
長友 5.5 動き回っていたが、持ちすぎ。守備も微妙なことあり。
長谷部 7 攻守に別格の活動。ナイスアシスト。
遠藤 6 長谷部の攻守のバランス役で控えめ。
松井 5 こねくるな~。
本田 5.5 早く打て。
香川 6 後半は良かった。
前田 4.5 何をしていたのかわからん。
李  5 動いてはいたが・・・
岡崎 5.5 サイドの選手だったの?守備はよし。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 30, 2010

サッカーW杯 日本 vs. パラグアイ

残念でした。

W杯における、日本チームの最終戦としては、過去4大会で最もいい試合でした。
フランス大会はジャマイカ相手に日本チームとしてのW杯初得点以外、何も残ら
ない試合。日韓大会は、宮城の地で相手に気迫負けの完敗。そしてドイツ大会
では身の丈に合わない無理攻めでカタルシスのない敗北でした。

それらに比べると、今回はサッカーの試合としては凡戦の部類に入ると思い
ますが、手に汗握る凡戦でした。

試合は、判断・スピード・フィジカルのあらゆる面で先方が若干上手で、日本と
しては、点数のにおいのしない試合。枠にいったシュートは日本の方が多いの
かもしれないが、いかんせんぴりっとしない。

松井の動きが鈍く、阿部の判断が遅く、そして駒野は1対1で劣勢となり、日本の
右サイドが押し込まれる展開。守備が多少できる岡崎を右のMFに据えたが、
まぁしょせんは取り繕いの対応。このようなサッカースタイルにふさわしい人材を
サイドに持っていないため、苦しい采配である。

こんな日本が勝つには、PKに持ち込むべきだとはおもったが、はたして日本の
守備陣が120分持つのかは大いに不安なところ。実際、ロングボールをポンスカ
放り込んできた後半以降はひやひやの展開が続く。
しかしながら、トゥーリオと中沢のCBは最後まで破綻することなく120分を終える
のである。いやいや、すばらしい成果である。

PK戦の結果は日本が1本外して敗戦。試合内容からすれば順当な勝敗であり、
残念ではあるが、あまり強欲にしてもいけないだろう。

今回のベスト16という結果。私としては、大いに満足である。なので、負けた
ことは残念であるが怒ったりはしていない。むしろ、グループリーグを勝ち抜け
てそのまま強い気持ちで試合に臨めるか不安視していた立場からすると、
十分なファイトを見せてもらって感謝の気持ちだ。このへんは岡田監督12年の
成果なのかもしれないと勝手に思う。

さて、日本代表および関係者には、今回の成功を大いに誇ってもらいたいと
思うが、結果を持っての岡田監督万歳議論にはしないでほしいと、ブログ界の
末席からのお願いである。

今回は勝負師としての岡田監督は相当の能力が発揮されたが、あくまで
幸運による面が多く、日本代表監督としては及第点とは言えないだろう。
チーム作り・選考・そして転向のタイミングとどうにも冴えない。
選手選考のミスが顕在化しなかったのはCBが最後まで怪我しなかったのと
同じメンバーで毎試合臨めた僥倖によるものだ。

日本としては、リアクションサッカーでいいのだが、それでもいずれは
メキシコのように攻撃的なチームでW杯の決勝トーナメントの常連になって
行きたいのだ。そのためにどのような指導者が必要なのか、岡田監督の
評価としてはこの2週間ではなく過去2.5年をふまえた冷静な議論・分析・
判断が求められるのだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 21, 2010

サッカー W杯 イタリア vs. NZ

アジア・オセアニア地区のサッカーは世界レベルではどうしても
こうなってしまうのでしょうか?
さんざん守ってのなんとか引き分けでした。とはいえ、NZがイタリア
と引き分けるなんて、戦前に誰が予想したでしょう。しかも1-1
なんて、勝ちに等しい引き分け。

確かによく守りました。
また、監督の交代枠の使い方も見事。動けなくなった選手から、
しかもイタリアの動きを見つつの対応。そして、アディショナル
タイムに3人目の交替。

引き分ければグループリーグ突破の日本もかくありたいものです。
サッカーとしてはつまらないけど。やっている本人と、応援してる
方はそれほどつまらなくはありません。
NZと日本のチームで一目して違うところは、
・とにかく納まる、がたいのいいFWがいる。
 このWoodと言う選手、Jリーグに来ませんかね?
 オーストラリアのケネディとかよりいいと思いますが・・・
・安定しているGK
 たまに神懸かりになるより、助かるのはこういうGK。
 長い目で見れば。楢崎カムバック!

以上

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 19, 2010

サッカー W杯 日本 vs. オランダ

3戦楽しめるのはカメルーン戦の結果でわかっていたし、どうやっても
デンマーク戦はガチンコの勝負になることもわかっていたので、0-1
の結果についてはそれほど悲観していません。
良くて引き分けだと思っていたので、言ってみればぼちぼちの結果
です。

試合は私の期待とは異なり、初戦と同じメンバーでスタート。
いつものごとくボールを支配されるものの、比較的低めに設定され
たDFラインと2ボランチの動きにより、それほどあわてることもなく、
むしろカウンターがいい感じで、ちょっとできすぎなくらいの勢いで
前半を0-0で終了。
やはりロッベンがいなくて助かっています。

後半はスナイデルの一発で先制。され、その後メンバーを一部代えたり
ちらっとチャンスがあったりはしたが結局そのまま終了しました。

まず、スナイデルの一発ですが、GKはっきり言ってミスと言えばミス。
ただ、ありがちというか、まま、しょうがないと言えなくもないような
ヤツではあります。ボールはどのくらい変化していたのでしょうか?
変化していなければ単なる目測誤りというか飛びすぎなので、
これは指弾されるべき。その後、見事な1対1対応を二本みせるが、
川島はやはり川口系のGKのようだ。

私としてはそもそもの先発メンバーに異論ありだが、それはま、
過ぎた話題。納得しかねるのは交代枠の使い方。

中村俊、復帰して良かったですが、効果的なプレーはほぼなし。
攻撃のペースが落ちるし、むやみにボール取られるし、次戦は
そうとう追い詰められないと出場はないだろう。どうもフィジカル
面で劣勢になるとボールコントロールがとたんに怪しくなるよう
なので、もっとボールを保持できるボランチあたりが本当はよい。
しかし守備の軽さを考えると、それまた・・・使い方の難しい
状況になってしまった。リアクション・サッカーに舵を取り直した
時点で中村の使い方は相当限定されたものになったということ
だろう。

玉田、ゴールのにおいは全くしないが、ボールキープに関して
は合格点。これは次戦の交替用候補である。ただ、劣勢時で
はなくてむしろ勝ち越している時のカウンター要員の方が
有効かと思われる。

岡崎、最後のチャンス。入る入らないは別に、あそこでふかして
いるようでは存在価値がない。あのふかしは勝ち点1と本人の
今後の活躍の場を大きく左右する物だったと、後になって
わかるような気がする。

私なら、疲れている阿部を早めに休ませ、一方ではパワー
プレーの予行練習に後半の15分は当てたい。
とすれば入れるのは岡崎ではなく、岩政を入れてトゥーリオ
とツインタワーにするか(この場合は阿部の交替がむずかしい
かも)もしくはFWトゥーリオとしたいところだ。

例によってオプションの少ない日本代表。
結果はぼちぼちとはいえ、主力はくたくた。
3戦目にフレッシュになって臨めることを期待する。
岡田監督は98年、ジャマイカ戦のメンバーのモチベ管理を
全く失敗していたと自分は思うのだが、今回は
そうそうしょっちゅう轍は踏まないでもらいたい。

ところで、
長谷部の試合後のコメント。
守備はブロックを作って対応すれば、それなりの相手でも
何とかなる、とかなんとか。
個人的に体感できることは大切かもしれないが、そんなこと
は98年の段階でわかっているので、あえてコメントされても
ねぇ~

以上

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 16, 2010

サッカー W杯 日本 vs. カメルーン

めでたいですね。
サポーター以外にとってはつまらん試合だったでしょうが、守りきって
僥倖の1点でもってカメルーンに勝利しました。

こうなると難しいのは2戦目です。
カメルーンの出来からするとデンマークと2位を争うことになる可能性も
高いかと思います。
そうだとすると、オランダ戦はやはり、良くてドローの進め方をするのと
3戦目に向けて必要な人にはそれなりの休息を与える必要があります。
私が監督だったら、
本田は、一応オランダへのお披露目も含めて先発。
とはいえ、森本と併用。
阿部と遠藤は疲労度合いを見極めつつ、稲本・憲剛と併用。
ってな感じでしょうか。

新聞や一部の投稿では、手のひら返しで岡田監督を褒めたり、岡田監督
に謝罪したりしていますが、私はそのような必要はないと思います。
もちろん、ここに至るまでの努力とご苦労には敬意を表します。でもだから
といって監督の手腕を見直す必要はないと思うのです。

岡田監督は変節を経て現在のカウンター型になりました。変節していない
と言っているナンバーの記事もありますが、あさっての向きを見た分析
ですね。
岡田監督は理想を追い、結局現実に妥協するという横浜マリノスでの
轍をここでも踏んでいます。
もし、はじめから、自分たちの実力をしっかり計測して、現実的ないわゆる
「弱者の戦い」を選択していたらどうなっていたでしょう。
本田をワントップにしたり、今野をサイドで使ってみたり、つぎはぎだらけの
弥縫策に追われる必要はなかったでしょう。

戦術の見解の違いで袂を分かった前田は、今の戦術でもフィットしない
のでしょうか?
まとめ役で呼んだ川口ですが、今やベンチでその横には同年代の楢崎
がいます。GK2名もベンチに入れて変ですね。
トップ下でおざなりなテストをして、予備登録メンバーにすえた小笠原は
本当に予備登録で良かったんですかね?

これまでの流れを振り返れば、当初の想定とはずれまくって、その結果
として意図した以上の結果がこれまでは付いてきているだけです。
新聞には本田の強運を書いた物もありましたが、私が見たところ、
一番の強運は監督です。

強運にふさわしいだけの積み重ねがあったのかもしれません。だとしたら
もう少しその運が続くといいですね。でも監督としての力量はまた別。
その辺の評価はそれはそれでしっかりやりましょう、日本サッカーの
前進のために。

| | Comments (0) | TrackBack (0)