« サッカー 日本 vs. 韓国 | Main | 大相撲の八百長問題って問題? »

January 31, 2011

サッカー 日本 vs. オーストラリア

試合は李のスーパーゴールで日本が勝ち、4度目のアジアチャンピオン
になったのだが、全体を通じてはオーストラリアのパワーに押された
試合であった。
ケーヒルとキューウェルの2トップはボールの収まりがよく、連携がよく、
単純なロングボールによる放り込み戦術なのだが、かなり効果的な攻撃
だった。決勝戦はプラティニとかブラッター会長なども観戦していたのに
いわゆるモダンなサッカーの試合ではなかった。やはり、内容面からは
日本対韓国が事実上の決勝戦であったといえる。
しかし、アジアカップ、拮抗した実力で、パワー重視のオーストラリアや
フィジカルも強いながらモダンなサッカーを展開する韓国など、いい
相手が揃ったものだ。
オーストラリアにはオセアニアから出てAFCに加盟してもらって、本当に
ありがたい。

最後であるが、オーストラリアの15番、プレーといい、態度といい
非常に感じが悪い。

川島 7.5 2点は防いでいた。DFとの連携不足は致し方なしと思う。
内田 6 前半は特に良かった。後半は凡庸な出来。ただ、思ったよりは
      守備で貢献できていた。
吉田 6 う~ん。
今野 5.5 何とか凌いだというところ。
長友 7 運動量○ナイスアシスト。そして守備でもなんどかしっかりと
      うちに絞って良い対応を見せた。
岩政 6.5 速い相手には距離を取りすぎてちんちんになったりするが、
      今日のような大柄相手には十分機能した。
遠藤 6.5 韓国戦より取られるパスが減ったと思う。
長谷部 6 もう少し前進力がほしかった。
藤本 5 走り回ってはいたが、香川の不在を感じさせる結果に。
岡崎 6 ヘディングを決めていれば文句なし。最後のハンドは
      許す。オリンピック予選の伊野波のようだ。
本田 6.5 安定していたし、ボールが納まった。
前田 5.5 森本の代役という位置づけはそのままだろう。
李  7 前回の出場時の出来からはもうないかと思われたが、
     見事な活躍。あれをトラップしないでダイレクトに打つとは・・・。

|

« サッカー 日本 vs. 韓国 | Main | 大相撲の八百長問題って問題? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference サッカー 日本 vs. オーストラリア:

« サッカー 日本 vs. 韓国 | Main | 大相撲の八百長問題って問題? »