« サッカー 日本 vs. カタール | Main | サッカー 日本 vs. オーストラリア »

January 29, 2011

サッカー 日本 vs. 韓国

2011アジアカップ準決勝。
毎度もつれる日本vs.韓国だが、この試合もマンガにしたら嘘くさくなるような
びっくり展開の試合となった。

出場停止明けの内田が左サイドに復帰し、CBは岩政と今野の2枚。私の
予想した伊野波はベンチとなった。岩政は高さ対策ということだろうか?
一部で交代が予想された川島は相変わらず先発。まぁミスしたからと
いってそう代えられるものでもない。妥当なところだろう。

試合は、比較的日本ペースで進む。韓国が思ったほど前がかりではなく、
中盤で日本のパスがよく通る。
しかし、サッカーにはありがちなことで、先制点は韓国、パク・チソンに対する
今野のファールでPKである。判定はたしかに微妙なところであるが、一番
つっこみたいのが、このときの今野の対応。レフェリーにむかって口の動き
から判断するに「肩、肩!」と叫んでいる。せめて英語でアピールして
くれ。

かくして、1点ビハインドという最近は見慣れた状況になったわけだが、
これまた頼もしいことに前半中に同点に追いつく。

本田のドリブル、そして長友へのスルーパス。そこまで持つか、というくらい
切れ込んで前田にパス。前田のワンタッチシュート。流れるような攻撃とは
このこと。

かくして、前半押しながらも同点で折り返し。テレビの前で見ていると、
これなら逆転は時間の問題と思われた。
ところがけっこう不思議なもので、後半、韓国はサイドをきっちりつぶし、
選手交代をしてバランスを修正すると、ポゼッションも運動量も日本を
凌駕し始める。体力的には日本が有利と言われていたが、そんな感じは
受けない。

延長戦に入るが、韓国の方が押し気味で、岡崎のゴッツアンPKで逆転
するも、日本が逃げ切りを図って5バックにすると、ほぼ一方的に攻め込
まれて結局、終了間際に同点にされてしまう。まぁ、わかってはいて
どうしようもないのだろうが、あそこまで押し込まれれば、いずれ入るわな、
と。
試合後本田が、いまのDFにはオーラがない的な発言をしていたらしいが、
たしかにここ10年はDFにチームリーダーのような鼓舞するタイプがいて、
「アジアの壁」のように言われてきた。現在はメンバーが固定せず、
そういう意味では、代表で物言えるDFがあまりいないのだろう。今野が
このまま定着したとしても、そういうキャラでもなさそうだし。

延長戦後のPK戦は、これまたドキドキしたものの、韓国がぼかすか
はずして楽な展開に。川島のセーブも見事(1本目は動きだしが早すぎて、
やり直しと言われるかと思った)で、めでたく決勝戦進出となった。

勝つには勝ったが、反省点も多い試合だろう。相手の実力が高いので、
もちろんきれいな試合はなかなかできない。それでも、いろいろ条件の
悪い相手に対して、走り負けしていたところはいただけない。
走ってナンボのサッカーを指向していたのではなかったか?

次戦で、「アジアチャンピオン」の称号を得ることを期待しています。

川島 7 PK戦で止めたときくらい、評価しないと。
内田 5.5 長谷部とあわせパクに手を焼く。後半は動きも鈍くなった。
岩政 6 思ったほど悪くなかった。フフィードは期待できないが、
      スピードで振り切られる以外はまっとうな出来。
今野 5.5 PKとられちゃねぇ。他はよし。
長友 7.5 スタミナ、1点目の動き、シャ・ドゥリ対応、見事。PK以外は。
伊野波 -
長谷部 7 お疲れさま
遠藤 7.5 試合中のPKはあだが蹴れ
本田 7 さすがに後半はばてたが、キープ力で貢献
細貝 6.5 ナイス詰め。
岡崎 7 DFWですな。
香川 6 後半動きが鈍った。それにしても骨折とは。早く治れ。
本田拓 5 ファール取られるし、よく動いてはいたが・・・。
前田 6 1点取って、2点取り損なった。Jでの動きをふまえれば、
      満足できる出来ではない。

|

« サッカー 日本 vs. カタール | Main | サッカー 日本 vs. オーストラリア »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference サッカー 日本 vs. 韓国:

« サッカー 日本 vs. カタール | Main | サッカー 日本 vs. オーストラリア »