« サッカー W杯 イタリア vs. NZ | Main | 映画評 告白 »

June 30, 2010

サッカーW杯 日本 vs. パラグアイ

残念でした。

W杯における、日本チームの最終戦としては、過去4大会で最もいい試合でした。
フランス大会はジャマイカ相手に日本チームとしてのW杯初得点以外、何も残ら
ない試合。日韓大会は、宮城の地で相手に気迫負けの完敗。そしてドイツ大会
では身の丈に合わない無理攻めでカタルシスのない敗北でした。

それらに比べると、今回はサッカーの試合としては凡戦の部類に入ると思い
ますが、手に汗握る凡戦でした。

試合は、判断・スピード・フィジカルのあらゆる面で先方が若干上手で、日本と
しては、点数のにおいのしない試合。枠にいったシュートは日本の方が多いの
かもしれないが、いかんせんぴりっとしない。

松井の動きが鈍く、阿部の判断が遅く、そして駒野は1対1で劣勢となり、日本の
右サイドが押し込まれる展開。守備が多少できる岡崎を右のMFに据えたが、
まぁしょせんは取り繕いの対応。このようなサッカースタイルにふさわしい人材を
サイドに持っていないため、苦しい采配である。

こんな日本が勝つには、PKに持ち込むべきだとはおもったが、はたして日本の
守備陣が120分持つのかは大いに不安なところ。実際、ロングボールをポンスカ
放り込んできた後半以降はひやひやの展開が続く。
しかしながら、トゥーリオと中沢のCBは最後まで破綻することなく120分を終える
のである。いやいや、すばらしい成果である。

PK戦の結果は日本が1本外して敗戦。試合内容からすれば順当な勝敗であり、
残念ではあるが、あまり強欲にしてもいけないだろう。

今回のベスト16という結果。私としては、大いに満足である。なので、負けた
ことは残念であるが怒ったりはしていない。むしろ、グループリーグを勝ち抜け
てそのまま強い気持ちで試合に臨めるか不安視していた立場からすると、
十分なファイトを見せてもらって感謝の気持ちだ。このへんは岡田監督12年の
成果なのかもしれないと勝手に思う。

さて、日本代表および関係者には、今回の成功を大いに誇ってもらいたいと
思うが、結果を持っての岡田監督万歳議論にはしないでほしいと、ブログ界の
末席からのお願いである。

今回は勝負師としての岡田監督は相当の能力が発揮されたが、あくまで
幸運による面が多く、日本代表監督としては及第点とは言えないだろう。
チーム作り・選考・そして転向のタイミングとどうにも冴えない。
選手選考のミスが顕在化しなかったのはCBが最後まで怪我しなかったのと
同じメンバーで毎試合臨めた僥倖によるものだ。

日本としては、リアクションサッカーでいいのだが、それでもいずれは
メキシコのように攻撃的なチームでW杯の決勝トーナメントの常連になって
行きたいのだ。そのためにどのような指導者が必要なのか、岡田監督の
評価としてはこの2週間ではなく過去2.5年をふまえた冷静な議論・分析・
判断が求められるのだ。

|

« サッカー W杯 イタリア vs. NZ | Main | 映画評 告白 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference サッカーW杯 日本 vs. パラグアイ:

« サッカー W杯 イタリア vs. NZ | Main | 映画評 告白 »