« サッカー W杯 日本 vs. カメルーン | Main | サッカー W杯 イタリア vs. NZ »

June 19, 2010

サッカー W杯 日本 vs. オランダ

3戦楽しめるのはカメルーン戦の結果でわかっていたし、どうやっても
デンマーク戦はガチンコの勝負になることもわかっていたので、0-1
の結果についてはそれほど悲観していません。
良くて引き分けだと思っていたので、言ってみればぼちぼちの結果
です。

試合は私の期待とは異なり、初戦と同じメンバーでスタート。
いつものごとくボールを支配されるものの、比較的低めに設定され
たDFラインと2ボランチの動きにより、それほどあわてることもなく、
むしろカウンターがいい感じで、ちょっとできすぎなくらいの勢いで
前半を0-0で終了。
やはりロッベンがいなくて助かっています。

後半はスナイデルの一発で先制。され、その後メンバーを一部代えたり
ちらっとチャンスがあったりはしたが結局そのまま終了しました。

まず、スナイデルの一発ですが、GKはっきり言ってミスと言えばミス。
ただ、ありがちというか、まま、しょうがないと言えなくもないような
ヤツではあります。ボールはどのくらい変化していたのでしょうか?
変化していなければ単なる目測誤りというか飛びすぎなので、
これは指弾されるべき。その後、見事な1対1対応を二本みせるが、
川島はやはり川口系のGKのようだ。

私としてはそもそもの先発メンバーに異論ありだが、それはま、
過ぎた話題。納得しかねるのは交代枠の使い方。

中村俊、復帰して良かったですが、効果的なプレーはほぼなし。
攻撃のペースが落ちるし、むやみにボール取られるし、次戦は
そうとう追い詰められないと出場はないだろう。どうもフィジカル
面で劣勢になるとボールコントロールがとたんに怪しくなるよう
なので、もっとボールを保持できるボランチあたりが本当はよい。
しかし守備の軽さを考えると、それまた・・・使い方の難しい
状況になってしまった。リアクション・サッカーに舵を取り直した
時点で中村の使い方は相当限定されたものになったということ
だろう。

玉田、ゴールのにおいは全くしないが、ボールキープに関して
は合格点。これは次戦の交替用候補である。ただ、劣勢時で
はなくてむしろ勝ち越している時のカウンター要員の方が
有効かと思われる。

岡崎、最後のチャンス。入る入らないは別に、あそこでふかして
いるようでは存在価値がない。あのふかしは勝ち点1と本人の
今後の活躍の場を大きく左右する物だったと、後になって
わかるような気がする。

私なら、疲れている阿部を早めに休ませ、一方ではパワー
プレーの予行練習に後半の15分は当てたい。
とすれば入れるのは岡崎ではなく、岩政を入れてトゥーリオ
とツインタワーにするか(この場合は阿部の交替がむずかしい
かも)もしくはFWトゥーリオとしたいところだ。

例によってオプションの少ない日本代表。
結果はぼちぼちとはいえ、主力はくたくた。
3戦目にフレッシュになって臨めることを期待する。
岡田監督は98年、ジャマイカ戦のメンバーのモチベ管理を
全く失敗していたと自分は思うのだが、今回は
そうそうしょっちゅう轍は踏まないでもらいたい。

ところで、
長谷部の試合後のコメント。
守備はブロックを作って対応すれば、それなりの相手でも
何とかなる、とかなんとか。
個人的に体感できることは大切かもしれないが、そんなこと
は98年の段階でわかっているので、あえてコメントされても
ねぇ~

以上

|

« サッカー W杯 日本 vs. カメルーン | Main | サッカー W杯 イタリア vs. NZ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference サッカー W杯 日本 vs. オランダ:

« サッカー W杯 日本 vs. カメルーン | Main | サッカー W杯 イタリア vs. NZ »