« サッカー 親善試合 日本 vs. コートジボワール | Main | サッカー W杯 日本 vs. オランダ »

June 16, 2010

サッカー W杯 日本 vs. カメルーン

めでたいですね。
サポーター以外にとってはつまらん試合だったでしょうが、守りきって
僥倖の1点でもってカメルーンに勝利しました。

こうなると難しいのは2戦目です。
カメルーンの出来からするとデンマークと2位を争うことになる可能性も
高いかと思います。
そうだとすると、オランダ戦はやはり、良くてドローの進め方をするのと
3戦目に向けて必要な人にはそれなりの休息を与える必要があります。
私が監督だったら、
本田は、一応オランダへのお披露目も含めて先発。
とはいえ、森本と併用。
阿部と遠藤は疲労度合いを見極めつつ、稲本・憲剛と併用。
ってな感じでしょうか。

新聞や一部の投稿では、手のひら返しで岡田監督を褒めたり、岡田監督
に謝罪したりしていますが、私はそのような必要はないと思います。
もちろん、ここに至るまでの努力とご苦労には敬意を表します。でもだから
といって監督の手腕を見直す必要はないと思うのです。

岡田監督は変節を経て現在のカウンター型になりました。変節していない
と言っているナンバーの記事もありますが、あさっての向きを見た分析
ですね。
岡田監督は理想を追い、結局現実に妥協するという横浜マリノスでの
轍をここでも踏んでいます。
もし、はじめから、自分たちの実力をしっかり計測して、現実的ないわゆる
「弱者の戦い」を選択していたらどうなっていたでしょう。
本田をワントップにしたり、今野をサイドで使ってみたり、つぎはぎだらけの
弥縫策に追われる必要はなかったでしょう。

戦術の見解の違いで袂を分かった前田は、今の戦術でもフィットしない
のでしょうか?
まとめ役で呼んだ川口ですが、今やベンチでその横には同年代の楢崎
がいます。GK2名もベンチに入れて変ですね。
トップ下でおざなりなテストをして、予備登録メンバーにすえた小笠原は
本当に予備登録で良かったんですかね?

これまでの流れを振り返れば、当初の想定とはずれまくって、その結果
として意図した以上の結果がこれまでは付いてきているだけです。
新聞には本田の強運を書いた物もありましたが、私が見たところ、
一番の強運は監督です。

強運にふさわしいだけの積み重ねがあったのかもしれません。だとしたら
もう少しその運が続くといいですね。でも監督としての力量はまた別。
その辺の評価はそれはそれでしっかりやりましょう、日本サッカーの
前進のために。

|

« サッカー 親善試合 日本 vs. コートジボワール | Main | サッカー W杯 日本 vs. オランダ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference サッカー W杯 日本 vs. カメルーン:

« サッカー 親善試合 日本 vs. コートジボワール | Main | サッカー W杯 日本 vs. オランダ »