« 映画評 マイレージ・マイライフ | Main | サッカー 親善試合 日本 vs. イングランド »

May 25, 2010

サッカー キリンカップ 日本v.s韓国

0-2の完敗。

いやいや、漫画にでもそうなさそうな逆境。
ただ、今後、コートジボワールに一蹴でもされたなら、一般層はむしろ
日本応援に火が付くのではないか。危機的状況によりむしろ関心が高まる
ことも可能性としてあり得る。日本代表にとってはいいことではないが、
W杯自体はそれなりに盛り上がってしまうかもしれない。

さて、チームであるが、ここまで調子がおかしくなると、素人目にはどこを
どうすればよいのか見当が付かない。ちまたでは中村や本田がやいやい
言われているが、その程度のことで、ここまで冴えない試合ぶりになって
しまうのは、いくら何でも行き過ぎである。メンタル面でやり玉に挙げられ
ている選手以外にもいろいろと課題を抱えており、チーム全体として、全く
盛り上がっていないのではなかろうか?

こんな時にどうするかは、結局の所、監督に任されるわけであるが、監督
が認めるかはさておき、グループリーグの具体的な目標は0勝3分け、
勝ち点3の他力本願グループリーグ抜けだろう。
だとすると、対策は絞られる。
気配の感じられない攻撃陣はほっておいて、守備陣の充実と連携強化
につきる。4-4-2などと言っているが、両サイドMFももっと守備のできる
人間を配置して、実質6-2-2くらいでよい。
このような戦い方を前提として、日本サッカー協会が岡田監督に言うべき
言葉は、おのずと決まってくる。クリント・イーストウッドが教えてくれた。
日本の数少ない成功戦術である栗原中将に倣うべきだ。そう、言うべき
言葉は「玉砕禁止」である。

名称にはもらっているかもしれないが、くれぐれも「サムライ」などと勘違い
しないように。散る美学などは持ち合わせなくて好い。

では、合宿、がんばって~。

|

« 映画評 マイレージ・マイライフ | Main | サッカー 親善試合 日本 vs. イングランド »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference サッカー キリンカップ 日本v.s韓国:

« 映画評 マイレージ・マイライフ | Main | サッカー 親善試合 日本 vs. イングランド »