« サッカー キリンカップ 日本v.s韓国 | Main | サッカー 親善試合 日本 vs. コートジボワール »

May 30, 2010

サッカー 親善試合 日本 vs. イングランド

結果は日本の2本のオウンゴールで1:2の敗戦。

まぁ、いいんではないでしょうか?
90分通じてボールを保持され、たまのカウンターでひやっとさせる、本来の
するべき戦い方に期せずしてなってきました。
サッカーっていうのは粘る試合に持ち込めれば、戦力に差があってもなんとか
さまになったりするんですよね、試合として。

今回はまぐれといっては失礼ですが、トゥーリオの先制と、川島の神懸かり
セーブがあったので、マスコミ全般的には楽観的なコメントが多いような気が
しますが、トゥーリオの先制がなければ、ひたすら押し込まれて負けた試合に
なっていたので、岡田監督にしてみればトゥーリオは命の恩人です。

これで世間の風が多少凪いだからと言って、日本代表の状況が良くなった
わけではないです。
いくつか気づいた点を上げるとすれば以下の通りです。

阿部のアンカー
 監督の方針変更なのでしょうね、ポゼッションサッカーではなく、リアクション
サッカーというフランス大会時代に戻ったと判断しました。結果、今回の良い
試合内容につながりました。

遠藤の不調
 攻守ともにキレなし。この調子ではスタメン落ちも検討しなければと、門外漢
ながら心配。そもそも中村と遠藤のチームなのに・・・

長友の左サイド
 相変わらずいいですね。

今野の右サイド
 右サイドっていうのですかね。CBが右にいるだけという感じ。守備面では
比較的安定していましたが、私が対戦相手だったら、右サイドのケアは本田
だけと判断したでしょう。なんちゅーか、代表ではずっと変なポジションで
びびったプレイで可哀想でもあります。

監督の采配
 オウンゴール2発で逆転になった時の打つ手の無さにはがっかりしま
した。本当にW杯準備試合なのでしょうか?
 終盤、1点負けで相手の勝ち点2とこちらの勝ち点1を奪うために、パワー
プレーに出なければしょうがない状況になる可能性はけっこうあるでしょう。
そのときにほいほい動けるような準備がないのでしょうか、このチームには。
トゥーリオを上げるなり、前線に岩政と矢野を貼り付けるなり、しないので
すかね?玉田?へろへろしている相手に突っかけるなら有効でしょうが、
今日の試合に入れてなんかいいことが起こることが期待できたのかね?
岩政などを何で呼んだのか、全く見えてきません。

 点数や内容的にはふむふむと思いつつも采配(交替)にイライラした
一戦でした。

|

« サッカー キリンカップ 日本v.s韓国 | Main | サッカー 親善試合 日本 vs. コートジボワール »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference サッカー 親善試合 日本 vs. イングランド:

« サッカー キリンカップ 日本v.s韓国 | Main | サッカー 親善試合 日本 vs. コートジボワール »