« April 2010 | Main | June 2010 »

May 30, 2010

サッカー 親善試合 日本 vs. イングランド

結果は日本の2本のオウンゴールで1:2の敗戦。

まぁ、いいんではないでしょうか?
90分通じてボールを保持され、たまのカウンターでひやっとさせる、本来の
するべき戦い方に期せずしてなってきました。
サッカーっていうのは粘る試合に持ち込めれば、戦力に差があってもなんとか
さまになったりするんですよね、試合として。

今回はまぐれといっては失礼ですが、トゥーリオの先制と、川島の神懸かり
セーブがあったので、マスコミ全般的には楽観的なコメントが多いような気が
しますが、トゥーリオの先制がなければ、ひたすら押し込まれて負けた試合に
なっていたので、岡田監督にしてみればトゥーリオは命の恩人です。

これで世間の風が多少凪いだからと言って、日本代表の状況が良くなった
わけではないです。
いくつか気づいた点を上げるとすれば以下の通りです。

阿部のアンカー
 監督の方針変更なのでしょうね、ポゼッションサッカーではなく、リアクション
サッカーというフランス大会時代に戻ったと判断しました。結果、今回の良い
試合内容につながりました。

遠藤の不調
 攻守ともにキレなし。この調子ではスタメン落ちも検討しなければと、門外漢
ながら心配。そもそも中村と遠藤のチームなのに・・・

長友の左サイド
 相変わらずいいですね。

今野の右サイド
 右サイドっていうのですかね。CBが右にいるだけという感じ。守備面では
比較的安定していましたが、私が対戦相手だったら、右サイドのケアは本田
だけと判断したでしょう。なんちゅーか、代表ではずっと変なポジションで
びびったプレイで可哀想でもあります。

監督の采配
 オウンゴール2発で逆転になった時の打つ手の無さにはがっかりしま
した。本当にW杯準備試合なのでしょうか?
 終盤、1点負けで相手の勝ち点2とこちらの勝ち点1を奪うために、パワー
プレーに出なければしょうがない状況になる可能性はけっこうあるでしょう。
そのときにほいほい動けるような準備がないのでしょうか、このチームには。
トゥーリオを上げるなり、前線に岩政と矢野を貼り付けるなり、しないので
すかね?玉田?へろへろしている相手に突っかけるなら有効でしょうが、
今日の試合に入れてなんかいいことが起こることが期待できたのかね?
岩政などを何で呼んだのか、全く見えてきません。

 点数や内容的にはふむふむと思いつつも采配(交替)にイライラした
一戦でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 25, 2010

サッカー キリンカップ 日本v.s韓国

0-2の完敗。

いやいや、漫画にでもそうなさそうな逆境。
ただ、今後、コートジボワールに一蹴でもされたなら、一般層はむしろ
日本応援に火が付くのではないか。危機的状況によりむしろ関心が高まる
ことも可能性としてあり得る。日本代表にとってはいいことではないが、
W杯自体はそれなりに盛り上がってしまうかもしれない。

さて、チームであるが、ここまで調子がおかしくなると、素人目にはどこを
どうすればよいのか見当が付かない。ちまたでは中村や本田がやいやい
言われているが、その程度のことで、ここまで冴えない試合ぶりになって
しまうのは、いくら何でも行き過ぎである。メンタル面でやり玉に挙げられ
ている選手以外にもいろいろと課題を抱えており、チーム全体として、全く
盛り上がっていないのではなかろうか?

こんな時にどうするかは、結局の所、監督に任されるわけであるが、監督
が認めるかはさておき、グループリーグの具体的な目標は0勝3分け、
勝ち点3の他力本願グループリーグ抜けだろう。
だとすると、対策は絞られる。
気配の感じられない攻撃陣はほっておいて、守備陣の充実と連携強化
につきる。4-4-2などと言っているが、両サイドMFももっと守備のできる
人間を配置して、実質6-2-2くらいでよい。
このような戦い方を前提として、日本サッカー協会が岡田監督に言うべき
言葉は、おのずと決まってくる。クリント・イーストウッドが教えてくれた。
日本の数少ない成功戦術である栗原中将に倣うべきだ。そう、言うべき
言葉は「玉砕禁止」である。

名称にはもらっているかもしれないが、くれぐれも「サムライ」などと勘違い
しないように。散る美学などは持ち合わせなくて好い。

では、合宿、がんばって~。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 23, 2010

映画評 マイレージ・マイライフ

お勧め度 ★★★★

我々は人間だ。

群生生物だ。
だから、人とつながっていたくなる。家族を形成したり、部族を形成したり、
国家を形成したりする。形成するものの程度は違うが、最小単位は変わらない。
スキンシップだ。

難しいことに、結構好みが違う。したがって、悲劇が生まれる。お互いの都合
って奴が発生する。悲劇は好みだけではない。お互いの事情も影響する。
社会という奴を円滑にするためにいろいろとルールを作る。ルールは生来
我々のためにあるが、得てして窮屈なものでもある。ルールからずれたこと
をしていると、どっかしらで無理やら困ったことになることも多いものだ。

主人公は解雇を宣告することを生業としている。アメリカ映画だけあって、
比較的淡泊だ。ある種の流れ作業を感じる。日本では出張して宣告して
パンフレット渡して終了、とはいかず、もう少しまめな手順と時間をかける
必要があるだろう。

人生歩んでいれば1度や2度の解雇は経験するものだ、と割り切っている
であろうアメリカ人でも、やはりその時は動揺するし、なかなか受け止め
られない。とはいえ、個人にとってとても特殊な状況であっても、彼にとって
は比較的類型的な反応の一つにすぎない。

冷静に分析し、対応する。

会社に忠誠を誓ってもだめなのだ。のめり込むだけ裏切られるのである。
そんな彼が忠誠を誓うのはマイレージだ。年間35万マイルの飛行レコードを
持つ彼は、いつしか1000万マイルためることを夢見ている。万事身軽でいる
ことを貴ぶ彼は、私生活も身軽である。結婚していないし、子供も持たないし、
年間300日出張しているので家もホテルよりも味気ない状況だ。

ところが、そんな彼の状況がコーネル上がりの才媛が入社したことにより
転機を迎える。彼女は出張をコストととらえ、TV会議システムによる業務を
提案する。仕事の中身もさることながら、マイレージの危機を前にして、
彼は解雇宣告はその場にいることが肝心と主張する。上司はかの才媛に
現場というものを見せるために、単独行動の好きな主人公と仕事の同行を
命じる。

ちょくちょく出てくる解雇宣告シーンをメインに、主人公の出張恋人との
つき合いや才媛の恋愛、妹の結婚などを絡める。いわゆる、仕事V.S
私生活の構図だ。
出張続きの生活で、才媛の恋愛生活は終末を迎え、才媛の考えや妹の
結婚を通じて主人公の人生観にも変化の兆しが現れる。あけすけな旅先の
彼女とのつき合いだが、もっと腰を落ち着けるのも悪くないかもしれない。

ところが、ありがちなことに主人公の計画は破綻を迎える。その彼女の方が
より割り切っていたのだ。「カジュアルな関係」と言っていた主人公で
あるが、それを相手から言われたときのダメージといったら。

解雇と同じでロイヤリティを示す分だけダメージはでかくなる。
映画の最後、解雇を通告された人たちのインタビューがある。家族が
支えとのこと。ただの家族賛歌はまったくおもしろくないが、2時間経って
まったく元の木阿弥の主人公、なにも解決していない驚くべき映画、
驚くべき人生。そしてそのリアリティ。

映画を見て思うこと。
人生、なにを選んでもなにがいいのか悩ましいものだ。
それから主人公の彼。
出産経験のある女性くらいわかるだろう??
シカゴの家にしても、どうみたって家族用だろう?
とかつっこみたいところもある。

ここま書いてきて、自分はこの映画を楽しんだのか楽しいと思わなかった
のかわからなくなってきた。
とはいえ、いろいろと思わされる映画であることは少なくとも事実だ。
自分の人生というか職業人生も、これまでの積み重ねよりは残りの
引き算の方が気になるとしになってきた。ん、どうしたらいいもんだか。

題名であるUp in the Airは文字通り飛行中のことであるが、同時に
解雇されたときの途方に暮れた状況も示している。邦題にはその
ダブル・ミーニングは表現されていなくて残念だ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2010 | Main | June 2010 »