« 映画評 ハート・ロッカー | Main | 映画評 アイガー北壁 »

April 08, 2010

サッカー 日本対セルビア 現実を見てからようやく始まる

W杯に期待できないチームの、W杯直前最終国際Aマッチ。
まさかと思うほどの出来とやられっぷり。

しかもその後の岡田監督の発言が冴えている。
「レギュラーメンバーでないと機能しない」
 (これまで試せるところでもサブをろくに試していないのは
 自分のくせに)
ただ、一言だけいいことを言った。
「3バックも視野に入れる」という趣旨の発言だ。

この発言には間違いがある。視野に入れるべきは3バック
ではなく、5バックだ。

走りっぱなしの4-4-2にこだわっていた岡田監督が
大ブレにブレた末の、超現実路線である。かくして日本は
12年前の戦い方に回帰するわけだ。思い起こせば、
監督がそうなのだからしょうがない。

以前のブログで、W杯にはがちがちのカウンターサッカー
で臨むべしと記入したが、ここに来てその現実性が出てきた。
ガス欠起こして最後の10分間でサンドバック状態になる
よりも、つまらない試合で0-0の方がよい、ことW杯に
関しては。
セルビアにこてんぱんにされた日本代表に、期待する。

ところで、岡田監督を指名した際に、JFAは選考理由のひとつ
としてオシム路線に+αを提示できる人間、のようなことを
言ったと思われるが、この日本代表の現状はオシムの
到達点としての一つのありうる未来だったのだろうか?
とてもそうは思えない。

|

« 映画評 ハート・ロッカー | Main | 映画評 アイガー北壁 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference サッカー 日本対セルビア 現実を見てからようやく始まる:

« 映画評 ハート・ロッカー | Main | 映画評 アイガー北壁 »