« サッカー 東アジア選手権雑感 | Main | 映画評 インビクタス »

March 08, 2010

サッカー Jリーグ開幕

ヤフーのファンタジーサッカーがなぜかサービス停止となり、おもしろさも
中ぐらいになってしまったが、ともかく今週末にJリーグが開幕した。
テレビ中継を利用しながら寸評。通してみたのは2試合だが、ともに
日本代表戦よりはおもしろかった。日本代表戦であるが、前回のバーレーン
戦、なぜ2点取って勝つと監督去就問題が沈静化するのだろうか?
最後に1点追加されただけであって、相手がバーレーンであっただけで
あって、何の解決も見いだせていない試合であった。CBのバックアップは
どうするのか??

FC東京 v.s. 横浜M
FC東京は当面苦しい試合が続くことになるだろう。梶山の怪我で
徳永・羽生をボランチに回す苦しい布陣であるが、やはり試合の
ビルドアップがからきし。
中央もサイドもしゃっきりとせず、ほとんどの時間を横浜優勢で過ごす。
セットプレーは松下の加入によりめどが立ったが、ターゲットの数が
足りない。
また、平山。かなりの部分で沈黙していたが、最後で帳尻を合わせた。
かなり難しいゴールであり、平山の足の技術を確認することができた。
日本代表でまたチャンスがあればいいのだが。
横浜に関しては山瀬は今更ながらいい選手だと実感。また、木村
監督は終始落ち着いているようで、なんとも大物である。ただし、
狩野の交替という選手交代の判断は傍目には疑問符。

アントラーズ v.s. レッズ
試合内容としては、同じサッカーかといぶかるほど、FC東京の方の
試合よりも見応えあり。
テレビニュースを見るとアントラーズ完勝、などといっているが、それ
ほど差があるようには見えなかった。むしろレッズ強しの印象を
持った。具体的には、中盤でアントラーズにひけを取らないこと、
ポンテの運動量も思っていたより多いし、FWのエジミウソンは常に
危険な存在。そして何より柏木が効いている。またベンチメンバー
はアントラーズよりむしろ豪華。高原はどうでもいいとして、田中
達也は後半出てくればみなついて行けないし、原口もいる。
問題はやはり最終ラインとみた。トゥーリオの穴は大きい。
CBは高いのと早いのをそろえたいし、サイドバックにも不安あり。
宇賀神は前進はよいが、どうも守備では軽さを感じる。
攻撃で押し切るチームならよいが、そういうチームだったっけ?
アントラーズについては新メンバーのフィリペ・ガブリエル。
献身的な選手だが、今のところ助っ人という位置づけとしては
どうにも特徴不足。今後のパフォーマンスを注視していきたい。

以上

|

« サッカー 東アジア選手権雑感 | Main | 映画評 インビクタス »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference サッカー Jリーグ開幕:

« サッカー 東アジア選手権雑感 | Main | 映画評 インビクタス »