« 東京 古都里 | Main | W杯 日本 v.s. クロアチア »

June 13, 2006

W杯 日本 v.s. オーストラリア

ブログの本旨とは違うのですが、せっかくの機会なので。
人の意見に左右されないよう、試合以外は見ずに書きます。

全体的な印象は、体格差にモノを言わせたオーストラリアがじわじわとボディブロー
で日本チームの体力を奪い、最後は実力通りにねじ伏せたというものでした。

こういうのは後付けで言えることですが、それがサッカー観戦の楽しみでもあるので。
まず、戦犯と言っては何ですが、ジーコの采配、納得いかじ。
入れた小野はほとんど機能しませんでした。ディフェンシブになるのを避けるために
入れたのだろうか?理解に苦しむ。
ディフェンスと中盤の間があいてちんちんになっていたあのタイミング、入れるなら
中田か稲本かと。それから病み上がりの柳沢を替えるならあわせて高原も交代。
というのも高原は引き出し役(柳沢)やつぶれ役(中山)がいないとほとんど機能
しないので。で、かわりにあまり期待できないけど、ドリブルで打開できる可能性のある
玉田を入れます。もちろんもう一つの交替は茂庭ではなくアレックス。
やはり、、このチームにはもてるドリブラーが不足してますね。

ほとんど偶然で入った1点目で思い出したのはアトランタのブラジル戦。あのときも
川口がきれていて、今回と似たような状況、このまま行くのかな、久しぶりに川口で
勝った試合なのかな、と思っていたのですが、さすがにそうはいきませんでした。
1点目は明らかに川口のミス。スローなボールに自分よりガタイのいい人間が密集
しているところに飛び込んで何が出来るのでしょう。彼のすべきことはマウスから出ず、
誰かの足下にボールが収まったら飛び出すことだったのに。それまでのファインセーブを
台無しにしましたな。

2点目はベタ引きしてしまったディフェンスの負け。シュートもお見事。
リプレイを見ると宮本がしまったというカオをして寄せにいくも間に合わず。

3点目は駒野の1本負け。ゴール前で1対1なのだから、正対して止めるか、川口に
言われてどちらかのコースを切るかすべき。しかして彼のやったことは、右サイド
いつものように内側を切るディフェンスで、体の傾けぐあいたるや、ゴールとの位置
関係を分かっていないのかと疑うほど。ほとんど真横向いているもん。しかも
切ったはずの内に切り替えされてシュート打たれるし、負け負けです。
攻撃は攻撃で、1本くらいまともなクロスあげろよな~、と嘆き節にもなろうというもの。

さて、ゴール前でこねくり回して勝負しない、FWにも言いたいことはありますが、
やはりオーストラリア、強い。ウルグアイを破ったのもなるほどと思わせました。

大量点で負けた日本ですが、次回以降の展望は、当たり前すぎるけれどまずは
クロアチアに1勝。で、その後、予選通過を決めているブラジルと対戦できれば、
パレイラ-ジーコつながりで、手加減してくれませんかね、案外期待できると思うのですが。
手加減してもらってうれしいかって?そりゃ、明日がある方がいいに決まってます。
しっかりたのむで、あと2戦。

|

« 東京 古都里 | Main | W杯 日本 v.s. クロアチア »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference W杯 日本 v.s. オーストラリア:

« 東京 古都里 | Main | W杯 日本 v.s. クロアチア »