« W杯 日本 v.s. オーストラリア | Main | W杯 日本 v.s. ブラジル »

June 19, 2006

W杯 日本 v.s. クロアチア

テレビはブラジルに勝しか無くなった、と騒いでいますが、それはクロアチア
に勝ったとしてもそういう状況なので、むしろ事実上の終戦といった方が適切
であろう。

0-0の試合のコメントは難しいが、勝てたという選手の言葉はその通りと
しても、全体的にはよく引き分けました、という内容であったように思う。
一つ一つのプレーを見ても、チームとしての熟成を感じさせるものはほとんど
なく、才能豊かな史上最強のメンバーをそろえて、4年間の期間を経て作られた
チームのプレーなのかなぁ、と残念な気持ちの方が強い。

選手は頑張ったという意見はその通りだろうし、そのがんばりは画面からも伝わる
ものがあったが、こういう舞台、勝負できないプレーヤーはピッチに立っていても
しょうがない。やたらと距離をおいて「抜かれるのだけは絶対嫌です」とこっちまで
聞こえてきそうなサントスの守り。どこから打っても枠に飛ばないFWとそもそも打つ
状況を作れないFW。見ていてイライラした。

前回は、疲れたところで玉田投入を意見したが、今日の玉田を見るとなんだかねぇ。
いったい何回ボールを触れたのだろう?
前回の反省からかジーコは比較的早めに交替カードを切ってきて、稲本の交代は
結果として良かったが、大黒の残り5分は全く意味不明。残り15分の段階でクロ
アチアの動向さておき、こちらがパワープレーを仕掛けなきゃいかんでしょう。
遅すぎですがな。

サントスには繰り言しか出てこないが、攻撃の時のサントスはやはり時たま
冴えを見せる。特に後半は相手の動きも鈍くなり、差し合いの状態で先方にやられる
一方でこちらからも結構いい球をあげることが出来た。ドリブルでも玉田よりはサントス
の方がもてる。ということはトルシエが使ったようにサントスは基本的にスーパーサブ
なのだろう。
中田浩二で左サイドにかんぬきをしておいて、勝負所でサントス投入。前線は、
シュート以外はいろいろ出来る柳沢と、唯一鈴木的な役割を担えそうな巻。
これで行きましょう、ブラジル戦は。
と考えて、そういえば、宮本のバックアップってこのチーム、いるのかな??

|

« W杯 日本 v.s. オーストラリア | Main | W杯 日本 v.s. ブラジル »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference W杯 日本 v.s. クロアチア:

« W杯 日本 v.s. オーストラリア | Main | W杯 日本 v.s. ブラジル »